アロエの効能

アロエは古くから薬草として知られ、、「医者いらず」とも呼ばれるほど重宝されていました。


アロエの効能として、胃炎、胃もたれ、便秘解消、整腸、やけど、殺菌、コレステロール、糖尿、二日酔い、自律神経の乱れなど、ストレスの多い現代人にとってはありがたい薬草です。


アロエに含まれる苦味成分であるアロインは、大腸に入ると善玉菌の働きを活発にして腸管からの水分の分泌を増やし、腸のぜん動運動を活発にするため、便秘を解消する効果がありますが、取り過ぎると下痢になることがありますので、量を注意してとるようにしましょう。


またアロエのアロインには固くなった毛細血管の弾力を取り戻し血圧を下げる効果や、血糖値の上昇を抑える効能があるといわれていますので、高血圧や糖尿病の方にも効果が期待できます。


アロエの葉肉に含まれるネバネバした成分は糖タンパク(多糖体)といわれ、3層構造になっており、1層目が胃粘膜の保護、2層目が炎症を抑える、3層目が腸まで到達し、腸内で水分を吸収、膨張して食物繊維のような便秘解消効果が期待できます。


また、ビフィズス菌などの善玉菌のエサとなって善玉菌を増やすことから、整腸効果も期待できます。


他にもアロエに含まれるアロエウルシンには傷ついた胃や十二指腸の回復を早めたり、アロエニンには胃酸の分泌を調整し、胃もたれ・胸やけなどの胃のトラブルを回復させる効果があります。


またアロエは、体の不要物の掃除してくれるので、ダイエットにも効果的です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44144791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。