森永アロエヨーグルトのおいしさの秘密

森永アロエヨーグルトは、1994年に発売されました。


「人に喜ばれ、健康にもよいもの」の方向性で新しい素材を探っていたときに、アロエベラと出会い、アロエヨーグルトが生まれたわけです。


森永アロエヨーグルトには、爽やかなイメージをもつ「果実」の風味がプラスされ、ベースになるヨーグルトは素材の風味を生かすために、乳酸菌の発酵の発酵臭が控えめなヨーグルトを使用しているので、よりおいしく食べられるように工夫がなされています。


森永アロエヨーグルトのアロエは天然素材ですが、収穫から加工まで厳しく選定され、一定の品質を保っている素材のみを使用しています。


森永アロエヨーグルトの味の決め手となる発酵工程は、乳酸菌の生育状態と乳酸菌が生成する乳酸量を注意深く監視し、最新の製造設備や精密なセンサーなど導入しています。


しかし、乳酸菌の活性や季節変化、さらに製造するラインによって微妙に違いが生じるため、この工程の管理には多くの経験が必要となってくるのです。


森永アロエヨーグルトのアロエ葉肉をはじめとた全ての原料、資材は、森永の研究・分析機関で納入ロットごとに徹底的に検査が行われるので、社内基準を満たしているものだけが工場へ納入される仕組みとなっています。


森永アロエヨーグルトは毎日全国で100万個以上生産されています。


森永アロエヨーグルトは原料から製品になるまで最短でも24時間かかりますので、社内の受注ネットワークシステムなどで集めたデータをもとに予測して生産が行われているのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。